top of page
  • 執筆者の写真ヨーガ はこつき

2023もありがとうございます!













ナマステ!


大晦日ですね〜。

朝はどよーんと曇り空でしたが、

2時位からからおひさまが出てきた京都市内北の方です。


今日は、お年越しのお野菜を収穫しにまずは畑へ。

白菜やキャベツの結球の様子に頼も示唆を感じる朝でした。







































自然農なので、

虫に負けることなく育った芽たちが

ゆっくりゆっくり育っていきます。


ここまで結球したら

もう大丈夫とゆう感じが♡


あとは、

この寒暖差に負けず、しっかり育ってくれるのを見守るだけです。


子育てもそうだけど、

野菜作りも

そして、暮らしにおいての何もかもが

ほんと「待つこと」の連続と練習だなぁ!と思います。


でも、

ただ「待つ」だけでない「寄り添い」加減。


そのものが

そのものらしく

その良さを開花し、歩み、羽ばたいてゆけることを願って、

時にはいろいろ言いたくなったり、

手を出してたり、

先回りして助けてあげている感覚になったりすることも

自己の満足のために行なうこともありましたが、


結局は

「そのもの自体が、

 そのもの自身の気づきと意思を持つこと。

 それによっての変容があること」

 で、成長してゆくんだぁ。


と♡


2023年。

風の時代の一コマ。

繭の中の様なコロナ期を経過し、

大きな変化が起こった様な今年だった!〜な方。

多いのではないでしょうか?


来年は、さらに!ですね。


とはいえ、

先日。アシュタンガヨガ京都のラストクラス。

LED CLASS後のカンファレンスで

KEIGO先生がおっしゃっていたように

「無限ではない。有限であることを忘れないように」の言葉に

グッときたのは、わたしだけではないはず。
















アシュタンガヨーガの練習で

一つのポーズを行う時間の呼吸の回数が決められているように

その時間が過ぎたら、もう前には戻れない。


「今」は「今」だけのもので、

「未来」はあっても「今」ではない。


形あるものが壊れるように、

暮らしの中の色々なことも「有限」でもある。


だからこそ、

「今」を大事に過ごしたい。


といつも思います。






















先日のセンティード納めの時の一杯



今年もいろんな場所で

いろんな時間を本当にありがとうございました。


みなさま、愉しい年末年始をお過ごしください。


また新年!お会いしましょう!







閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page