top of page
  • 執筆者の写真ヨーガ はこつき

身体ってオモシロイ!〜冬のからだを振り返る

ナマステ!

お久しぶりのブログ更新になってしまいました。


「新しい春」から「新緑の春」ですね。

京都の街中はすっかり桜も咲いて、花風となり葉桜模様。


すっかり暖かく、朝晩コートなどはなし。

日中は、日当たり良いとことは半袖Tシャツ。

海外の方はノースリーブ!な4月中旬です。


今年も暑くなりそうですね〜。

なので、春蒔きの種や苗たち。

昨年より少し早めに蒔いてみた私です。


夏が暑すぎて、夏野菜、特にきゅうりやトマトは育たなかったので。。。。

夏本番の暑さがくる前に実って欲しいなぁぁぁと、

今年は早めに蒔いてみました。


種たちの適温なタイミングで!芽吹いてくれたら良いです!





















(写真は、菜の花摘みの時のものです


そして、ヨガの練習の方は。

〜春のからだ〜第2シーズン目〜というところでしょうか?


ブログおサボりしていた冬から春のかけての

身体の変化がすごかったんです。


おサボりしていた分を思い起こして

忘備録的これから書いていこうと思います。


今日は、まず「冬の身体」。


2023−2024の冬は、暖冬!!ということもあり、

滑ってないんです。2回しか!


山に上がれば雪はそれなりにあったんですけどね。

「雪が少ない」話と街中の暖かさもあったのと

なんといってもkeigo先生が渡印の間、

アシスタント陣にシャラを任せてくださることになり

アシュタンガヨーガの世界に没頭したかったから!


先生の留守中、シャラを守ること。

自分の練習もさらに深めること。


そこにフォーカス!の2023−2024の冬!






















滑らないシーズンは、出産した年以来でしょうか?


ですが、面白い現象が起きたんです。

冬になって寒くなってくると

私たち人も冬の体になり、骨盤が少し締まり方向になるのですが、

私の場合。

長年のスノーボード癖のため?なのかしら?

グーフィスタイル(右足前の横ノリスタイル)のため?

左の骨盤の締まり方がすごい!〜と左右差を感じる冬のはじめ。


12月〜1月にかけて、

トリコナーサナBの左右差と不安定感よ!!


なのが、この冬の最初のインパクトでした。


特に左側へ捻れないし、安定しない。


スノーボードしていないのに、

日々練習しているのに左右差が深まるスノーボーダーの身体。。。。


そして、写真を撮ってたのですが、、、

見つからなーい。。。ので、掲載できずです。。。


アサナは不安定ながらも

そんな自分を愛しく思った冬のはじめでした。


身体って面白い!

その後、どうなってゆくのか。


また書きます!


閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page